満月が見下ろす坂を下る

とある村上担のチラシの裏 中途半端

初めてドタキャンに遭った話

 

 

書くつもりはなかったし、この想いも事実も全部全部、会って話を聞いてくれたりした人だけに留めておくつもりでした。

 

けど分かった、

これ無理だわ~~~~~!!!!!!!!

どうにも言葉にならないイライラが募って仕方なかった。のでもう全てをここにぶつけたいなと思います 数ヶ月経っても引きずってるから、今年度の思いは今年度のうちにケリをつけて。

多分終始支離滅裂だし、話のまとまりもないよ。先に謝っておくね。

全部全部私用の備忘録です。

あわよくば二次被害に繋がらない注意喚起的なものになればとも思いますが、多分何にもならないので。

あくまで全部自分への戒めです。

 

終盤にも述べていますが、この記事で指しているドタキャンを行った人物を、

今年に入ってから現場で見かけたという報告がありました。

どこかで悪質なドタキャンが再発している恐れがあります、今一度お気を付けください。

 

 

 

 

ここからダラダラとした壁打ちが続きます。

 

 

 

話の大筋

ことの始まり

私は縁あって埼玉公演初日にお邪魔できる形になりそうだった。

事態が複雑で説明しづらいけれど、

7月下旬、28日頃。2016年夏のリサイタルに向けて、各メンバーがセンターのTVガイドが各地方で別バージョンとして発売されることになった。けれど事態を甘く見ていた私は完全に予約も出遅れてしまい、とても焦っていた。

そんなところに運良くフォロワーさん(以下、M氏)が「全種セットを間違えて1セット多く予約したので引き取ってくれる方をゆるぼしています」というツイートをしていた。

下手したら全然買えないかも…と焦っていた当時の私にとって、そのツイートは有難いものでしかなく、その方に「よかったらお譲り頂きたい」という旨のリプライを送った。

その取引は快諾していただけて、とりあえず発売して手元に来たらまた連絡という形になった。

発売日になり、M氏から連絡が来た。できればお互い手渡し希望という事で、話し合いの末その連絡をしている翌日の夕方に受け渡しをしてもらう事になった。

 

当日DMで連絡を取り、待ち合わせていた時間と場所で無事に雑誌を引き取った。

対面で直に会っている上、以前1度だけお会いして面識もあったので「リサイタルどこ入られるんですか?」といった雑談を少し交わしていた。

元々私が人見知りなのもあるが、会話に少し詰まっていた時にM氏は少し悩んだ顔を浮かべて、尋ねると「友人の分なのですが、13日のチケットが1枚余りそうで…。別の席で入るので、隣に私は居ませんが良かったらいあこさんどうですか…?」という話を頂いた。

私は新潟初日のチケットが当たっていたが、やはり会えることなら8月に会いたいし、ほかにも面識のある相互フォロワーさんも埼玉公演に参加される方が圧倒的に多いし、と私には願ってもない最高のお話だったために一瞬唖然とはしたものの「私なんかでよかったら是非…!」とお願いさせていただいた。

この13日のチケットの件はまた前日とかになったら連絡しますという話になり、私は連絡を待った。

 

当日のはなし

当日に物販行ったら混んでてお待たせしちゃうのも悪いよね…!なんてすっかり浮き足立っていた私は、決して近いわけでもない会場までプレ販なんか行ってしまったりして、 万全の準備で当日を迎え、かなり余裕のある時間にさいたまスーパーアリーナへ向かった。

最寄駅に到着し、M氏に到着した旨を伝え、連絡が来るまでその日公演には入らないもののグッズを買いに来ていたフォロワーさんと話し込んでいた。そのフォロワーさんもお知り合いからの連絡待ちということで、連絡来ませんね~、立ちんぼさん今回多いですよね~、最近ドタキャンも多いみたいですもんねえ、なんて話しながら。

フォロワーさんと話しこんでいた最中、私に一通のDMが入った。M氏からの連絡だった。

概要としては「チケットの持ち主である友人からドタキャンされてしまいました」という話だった。

元々入れないと思って来ていたので、その時はあまりダメージは感じなかった。

取り急ぎ「元々あわよくばくらいの気持ちでいたので」「ドタキャンされたとのことですがMさんは大丈夫ですか?」といった旨の返事を返した。

もう連絡を待つ必要もないし、せっかくなのでお茶でもしていきましょ!という話になり、フォロワーさんと改札近くのドトールでお茶をしばいてから、開演時間を過ぎたあたりで解散した。

解散して自宅最寄り駅に着いた頃、丁度公演が終わったらしくTLにはレポが流れてきた。いつもだったら楽しく見ているし、元々入れないと思っていたから平気だと思っていたけれど、その日はどうしようもなく涙が出た。

レポに混じってM氏からはDMが返ってきた、「すみません…以後このようなことがないように努めますので本当に申し訳ございません…」とのことだった。

もうアカウントが残っていないため私の記憶でしかないが、終演後楽しそうなツイートが流れてきたように思う。

 

周囲のドタキャン騒ぎから

埼玉公演から一週間ほど経った頃。

埼玉公演でドタキャン被害にあったという方の注意喚起のツイートが流れてきた。

相手(ドタキャン犯)のアカウント、やりとりの一部始終、現在入っている情報などそれはとても細かく書かれていた。そのツイートに対してのリプライも拝見させていただいたが、同様の被害に遭ったアカウント・現在当該アカウントと取引を進めている最中のアカウントからのものが多くあり、多くの人とやり取りを行っている大規模なドタキャン騒動である事が伺えた。

チケットのお譲り自体をドタキャン、しっかり精算済みで実害こそない様にしていたみたいだが交換予定で進めたお取引なのに相手のチケットだけ頂いて音信不通になる、など様々なパターンで被害はあったようだった。

ここまでだったら「私も気を付けなきゃ」と思って終わるところだが、あろうことかそのドタキャン犯とされるアカウントはM氏のアカウントだった。

注意喚起をRTしている人は自分自身のTLにも多く、RTした後に「私この取引アカに声かけたことある…」という人もいた。

 

私は正式なお取引をしていたわけでもなく、イレギュラーなパターンだったが、このツイートを見た時に「やっぱり私ドタキャンに遭ってたんだな」というやるせない気持ちで一杯だった。

ただ、このツイートが回ってきた時、M氏はまだアカウントを消してはいなかった。

やるせない気持ちはありつつも、まだどこかで飲み込めない私はブロックも注意喚起のRTもせず、M氏のアカウントと動向を伺っていた。

その後変わったツイートこそしていなかったが、新潟公演を目前とした9月26日、M氏は最後のアカウントを消した。

 

M氏の人物像

M氏とは友人を介して出会った。

元気コン東京ドーム最終日、別の人に挨拶に行った際、同じ村上担で、これも縁だからという話で相互フォローになった。

随分見た目が若く、年下かと思っていたら私よりも年上と言っていた。実際は高校生との噂もあるが、多分ビンゴ。(私の雑誌お取引に関して、ド平日だけどいつでも平気という感じでお返事されていた、高校生だとすれば丁度夏休み期間なので合致がいく。連休にしては長すぎるし、社会人だったらなかなかそうはいかないよな?と結構謎に思いながらやり取りしていた。なお、オタクかどうかは分からないが、妹がいる模様。)

今後どの公演に入られるのですかと聞いたところ「全通します」との事であった。(元気コンに限らず割と何でも高頻度。雑誌のやり取り時に聞いたらリサイタルも全通と言っていた。多分真っ当なやり取りじゃなくて、キャン騒動と同じやり口で全通だと思われる。)

絵を描くタイプだったようで、タグに反応しては絵描きの知り合いを増やしているようだった。(けど実際に彼女が描いた絵をTLで見たことは多分一回もない。アイコンはキャンジャニの安子と村子だったけど、友人に描いてもらったアイコンといったことを過去に発言していたような。)

番協に参加していることも少なくはなかったようだった。(少なくとも村上くん卒業辺りのヒルナン、バズリズム罪夏の回には参加していた模様。)

まあ今考えてみるとなかなかに怪しいところは多かったよなというのが本音。

裏事情に詳しい友人が本当にいたのかどうなのか分からないけど、数ヶ月先の彼らの予定について若干ほのめかすような発言もあった。

私もそうだったが、一貫して定価+手数料で取引を行っていたようで、出来る限り実害がなく事を終えられるようにしていた模様。

 

 

やり取りの一部始終 

雑誌の取引からリサイタル当日までの間、割愛しているが彼女は幾度かアカウントの引越しを行っていた。

彼女のログやアカウントこそ残ってはいないが、私の使っているTwitterのクライアントではDMが全て残っているので、スクリーンショットを残せる範囲で残しておこうと思う。

 

一番最初のアカウントから来たDM

 f:id:feitax321:20170206234242j:image

私はこの前に誰からもDMが来ていなかったため「記載されているDM」というのが理解できなかったが、後から友人に聞いたところ、このようなDMが来ていたそうだ。

 

f:id:feitax321:20170206231923j:image

↑友人からのスクショ、掲載許可済。

 おそらく彼女はこのDMのことを指していたと思われる。

なお、現段階ではドタキャンなど怪しい素振りも注意喚起も回っていなかったため、ただただ謎が多かった。

 

 二つ目のアカウントとのDM

主にテレガイ受け渡しの件について。

細かな場所指定などのやり取りもあったため一部割愛してスクショしています。

f:id:feitax321:20170206234308j:image

f:id:feitax321:20170206234341j:image

f:id:feitax321:20170206234659j:image

上、テレガイやり取り前。

下、テレガイやり取り後。チケットの話をされた後。

f:id:feitax321:20170206234732j:image

 

 

三つ目のアカウントとのDM

主にチケットに関しての話からドタキャンまで。

三つ目のアカウントを教えている人は本当に少なかったみたいだった。

私よりも全然仲が良く、いつも話しているフォロワー数人にもあまり教えてなかったようだった。実際、共通の友人もフォローしていなかった。

このアカウントにフォローに行った際、既に彼女にとって厄介事が重なっていたのか「もう新しくやり直そうかな」というようなツイートが見られた。

f:id:feitax321:20170206234755j:image

f:id:feitax321:20170206234808j:image

ここまで前日のやり取り。

以下、当日会場到着後のやり取り。到着した旨を伝えたあと。

f:id:feitax321:20170206234836p:image

 f:id:feitax321:20170206234857p:image

以降やり取りなし。このDMの後に注意喚起が回り、結構大きく拡散される。

このDM後、やり取りこそ行わなかったものの、平然とツイートやRTのふぁぼ通知などが来ていたため、Twitterには割と顔を出していた模様。多分自分に関しての注意喚起が回ってるのも知っていたのではないかと思われる。

 

ぶっちゃけドタキャンの連絡文、意味わからなくてとりあえず返した感じでした。

友人からドタキャンってなかなかロックな友人持ってるね?

改めて見直すと、「色々事情もあるよね…」なんて気遣ってた私ホント馬鹿者だな…。

 

 

改めて注意喚起

彼女の顔を把握している友人から、2017年1月大阪のエイタメ公演で彼女を見かけたとの報告がありました。

連絡先も交換していないため、私が追跡できたのは、あのアカウントまでです。

連絡先を交換していた友人も、LINEから彼女が消えた(LINEのアカウントを彼女が削除した)ため、両者共に追えたのはここまでです。

ですが、会場で見かけた以上、彼女はまだどこかで同じエイト担、また、おそらくは村上担を続けているのは確定かと思われます。

冬のツアーは終わりましたが、イフオアが目前。そして今後も横山さんや安田くんの舞台、さらに夏ツアーも控えています。

現場が多いということはそれだけ取引が多いということ、きっと今この瞬間もこれから先も彼女がエイト担をやめていない限り、どこかで彼女と取引をする方がいらっしゃると思います。

満足に注意喚起ができず申し訳ありませんが、今一度お取引にはお気を付け頂ければと思います。

 

Genius Barに行ってきたよ

 

iPhoneユーザー早ウン年目、初めて買い替えまでバッテリーが持たないという事態に陥ったのでGenius Barに突撃してきました\(^o^)/
 
今後も利用するかもしれないのでその時の自分に対する備忘録(+機械音痴なポンコツユーザーで心配性な人※私 でも分かるちょっとしたレポ)的な感じです。
 

渋沢薫と盗聴器 考察まとめ

エイトレンジャー2、公開一周年おめでとうございます

 

そもそも、公開アカウントでTwitterをしていなかった私が*1、公開アカウントをわざわざ取得してTwitterを始めたのは去年の夏の話。っていうかエイトレンジャー、もっと言うなら渋沢薫氏のせいである。

 
映画自体の評価はマチマチだが、私は当時渋沢薫という存在に確実に心を掻き乱されていた。
せっかくはてなブログに登録し、色々とまとめられるようになったため、どうせならその時の思いと考察を公開一周年という今日に記事にまとめることで供養しようと思う。
案の定うまくまとまりきっていないが、ここは自己満足ということで。
 

記事の内容上、映画のネタバレがございますのでお気をつけください。

 

*1:Twitter自体はしていたが、鍵付き・身内用という用途でしていた。

続きを読む

関ジャニ∞クロニクル バスケ対決まとめ パス回し編

バスケ回、村上くんの掛け声まとめと同時にどうせならと思ってパス回し編もまとめました。

 

 

続きを読む

関ジャニ∞クロニクル バスケ対決まとめ 村上くんの掛け声編

何かと話題に上がる「関ジャニ∞クロニクル」。
毎度毎度見ていて考察厨は暴れそうになっていたのですが、先日放送されたバスケ回で気持ちがついに抑えられなくなったため個人的に気になったアレコレをまとめようと思います。
 
バスケ回の試合の様子を見ていて気になったのはヨコヒナホットラインはもちろん、村上くんのメンバーに対する掛け声の多さ。
自分の耳を頼りにまとめたものなので多少の違いはありますがザッと書き出してみました。